2016年12月06日

12月のオレンジファーム紹介  byタッピー

12月のオレンジファームは『特定非営利活動法人NPOまんま』さんです。

『まんま』さんは、子育て中の「お母さん・お父さん」を応援し、子育てが楽しくなる街を目指し様々な活動をしています。

1.ホームスタート
〜先輩ママの家庭訪問型子育て支援〜
2.まんまリズム
〜さくら・さくらんぼリズムがお手本です〜
3.ひろば事業
〜まちの居場所。ゆったり、のんびり〜

★孤育て家庭ゼロ★をめざして
IMG_3031.JPG
まんまさんにご興味のある方は、ぜひオレンジファームをご覧にカリオンビルにお寄りください。


posted by オレンジプラザ at 15:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

今後の社会貢献活動はどうなる? by tera

愛知モリコロ基金が平成29年度で終了するため、今後のNPOの
社会貢献活動支援のあり方について検討がなされてきた。
その内容が愛知県HPにアップされたのでお知らせいたします。

特に11月2日の検討会議の内容は重要です。内容は下記のとおり。

◆愛知県としての「NPOの現状・課題・要望」の認識が示されています。
・「NPO・企業など20者からのヒアリング結果」とのことです。
・「NPOの意見」「企業の意見」「県への意見」で構成されています。

◆「NPOの意見」として、
・「NPOに対する助成制度も増え、特に福祉系のNPOは、財源も多く
活動資金に困っているという話はほとんど聞こえてこない」という記述(報告)
があります。
・「団体職員の高齢化が進み、また、助成金を獲得してまで事業を行おうと
する団体は減少しており、市町村の助成制度への応募や、協働事業への申請は
年々減少している」
・「NPOも助成金に頼るのではなく、これからは自ら資金を獲得するよう、
事業や運営を多角化したほうがよい」 と続いています。


posted by オレンジプラザ at 00:33| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

交通安全週間 by tera

 今日から10日まで年末交通安全週間が始まりました。
愛知県は毎年交通死亡事故全国ワースト1位の座を維持?しています。

 最近特に高齢者の交通事故がたいへん増えて話題になっています。
車を運転するときに必要な判断の遅れや確認不足、緩慢な動作や
誤った操作、自分は大丈夫という思い込みなど自ら注意していても
対応できないことが多くあるように思います。

 また横断歩道を歩いて渡るときや自転車に乗って移動するときも周囲の
状況が把握できなかったり、視覚・聴覚の衰えにより危険な状況に気づか
ないなど事故の原因はそれぞれです。

 交通安全では注意し過ぎることはありません。しっかりと周囲の状況を
確認することで、加害者にも被害者にもならないことが大切です。

 警察各署では汚名を返上しようと12月は厳しい取り締まりが行われます。
飲酒運転はもちろん、スピード超過運転、だろう運転をすることのないよう
交通安全に気をつけたいものです。


posted by オレンジプラザ at 18:04| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

明日から12月です・・・ 小林

独立行政法人 環境再生保全機構という団体が行っているプロジェクトに「本de寄附」という寄付活動があります。
不要になった本やCDを送ると、ブックオフオンライン鰍ノ買い取られます。その買い取り金額全額が地球環境基金に寄付され、環境保全活動を行うNGO・NPOに寄附されるというプロジェクトです。

明日から12月です。(はやい。。)
重い腰を上げて大掃除をするご家庭も多いはず。
その時に出たもう読まない本、CDをただ捨てるのではなく、気軽に社会貢献に活かすことが出来ます。
しかも今なら本やCD、DVDを30点以上集めて本de寄附に申し込めば、指定した日時に運送業者が無料で自宅まで取りにきてくれるそう。年の最後にちょっと良いことしてみるのも良いかもしれませんね。

posted by オレンジプラザ at 16:27| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルとアナログと byもり

年の瀬も迫ってきて、来年の準備をされている方もいるかと思います。
文具売り場に行くと来年の手帳がずらっと並んでいて、
もうそんな季節なのかと肌で感じます。

そんな手帳ですが、携帯やスマホでのスケジュールの管理が便利である反面、
紙媒体への記録をする人が増えてきているとのことです。
そういえばわたしもスマホに入力していた頃もありましたが、
ここ最近はもっぱら手帳に記入しています。
また、両方を併用しているという方も多くいるようです。

手帳を買うときはその時に自分の気持ちがあらわれているように思います。
来年は余白がないように書くぞ、と思って買ったのは去年のことです。
はてさて見直してみるとどうも余白が目立つような・・・。

来年の手帳選びをどうしようか、悩みながら決めたいと思います。
posted by オレンジプラザ at 15:50| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

高齢者ドライバーの事故を減らす決定打は  byタッピー

平成28年度の統計によると、65歳以上の高齢者の総人口に占める割合は27.3%と過去最高を記録しました。
4人に1人は高齢者と言われたのが、ついこの間。
それが3人に1人が高齢者の時代が目前に迫ってます。

このところ問題が深刻化しているのが、高齢者ドライバーによる事故です。
先日も若い男女二名が83歳の女性の車にはねられて死亡しました。
先月は87歳男性の車が小学生の列に突っ込み、小学1年生の男の子が亡くなるという痛ましい事故も発生しました。

以前は被害者になるので、高齢者は気を付けてと言われてたいのが、今では加害者側になってます。
高齢者が起こす事故を防ぐにはどうしたらいいのかが、盛んに討論されてますが、これといった決定打がないようです。

・免許を自主的に返納する。またはそれを義務付ける。
・マニュアル車のみ運転(ペダルを踏み間違うとエンストするだけ)
・ワンペダル車(ブレーキを踏まなくてもアクセル操作だけで、車の速度調整が出来る)
・低速で走る超小型の電気自動車の運転 etc

しかし、そもそも「運転し続けたい」「自分は大丈夫」と考えている高齢者に「普通車を運転するという選択肢以外を勧める事の難しさ」です。
高齢者の交通事故と若者の交通事故では種類や内容が根本的に違うそうです。
高齢者の事故の要因は大きく3つあるそうです。

1.目の老化現象
視野が狭くなる 片目で左右90度が理想なのが、60度程になってしまう。

2.反応動作の遅れ
複数の作業を同時進行させる場合に反応時間が遅くなる。
(例えば交差点内で対向車、信号、歩行者などを瞬時に同時に判断する動作)

3.運転技術と能力への過信
75歳のドライバーのなんと53%の人が自分の運転テクニックがあれば危険は十分回避出来ると思っているというデータ。

こういった衰えは、誰しもに必ず訪れます。
大切なのは『自覚』

衰えを自覚し認める事。それがまず第一歩です。
そして、何よりも免許を返納しても不自由なく生活する事が可能な高齢者に優しい街づくりが必須ですね。


posted by オレンジプラザ at 13:57| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

同じ新聞なのに?   by jimony

 新聞を定期購読しなくなって4年経過しました。この4年間と今後もインターネットで無料ニュースとTVニュースで社会情勢情報を入手しています。

 たまたま11月11日の豊橋と浜松で中日新聞を見比べるチャンスに遭遇しました。同じ会社なので県内版、地域版の記事が違うのみで他は同じと思っていました。

 36ページを順番に比べると1面は、見出しが違い記事も多少違っていた。

 2〜4及び8、10面は全く一緒、5面は、内容は一緒しかし写真部分が片やカラー、片や白黒、9面は、県経済、1面〜36面(番組表)は、県内版、地域版そして広告面でほぼ同じ広告ですが掲載ページが違っていました。

 36ページ×2紙を見比べるのは、大変でしたが今まで比べたことがなかったので良い経験をしたと思います。

 同じ新聞社なのに、我々を取り巻く環境も同じ考え方でも全く同じことはなく多少違っているのが当たり前、なんでも同じと思うのは、 

 早とちりですね!思い込みは、行き違いを起こしやすいので何度でも確認することが大切ですね。


posted by オレンジプラザ at 16:27| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

大相撲九州場所 BYtanitter

 広報とよはし11月1日号の表紙を飾った大相撲豊橋場所は、
相撲ファンにとっては、とっても臨場感あふれたもので、うれしくなりました。
 さて、今は九州場所。遠藤関が金星を豪栄道が横綱を目指すなど
活況を呈した取り組みが繰り広げられて、立会いのゴツンと言った
骨と骨がぶつかったような不気味な音、なんともすさましく引き込まれ
ています。
 もう一つの楽しみが観客です。有名人やら応援にきた力士の家族やら
「時間です」の合図でどよめくような会場が一体となる。これも一つの
楽しみ方かな。みなさんは、どんな応援をしてますか、一緒に楽しむ
ことがイチバンですね。

posted by オレンジプラザ at 19:39| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

ひきこもり by tera

先日11月15日豊橋市民センターで行われた「ひきこもり」について
みんなで考える車座集会、「みんなで考え、語ってみたい 『ひきこもり』」
に参加しました。

私もひきこもり支援をする団体に所属していることから、関心を持っていました。
常々気になっているのは、「学校に行けなくなった人は、その後どうなるのか?」
また「どんなきっかけで社会に出られるようになるのか?」ということです。

「社会に適応できなかった人は仕事に就けない」とか「人と接することが
できないから自立もできない」など、その後の可能性が無くなってしまう
という声ばかりがあります。

しかし、過去にひきこもりの経験がある方でも、現在は社会で活躍している
人も多いと思います。「お前はもうダメだ」ということではなくて、
ひきこもっても、不登校になっても大丈夫。ちゃんと生きていける。という
ことをもっと伝える必要があるなと感じています。

「学校に行くことだけが正解で、行けないのはダメ」と苦しむ人は未だに
多いと思います。特に子どものひきこもりの場合、手に入れられる情報が
少ないために、「学校に行かなくても何とかなっている人たち」と出会う
機会がなかなかありません。

もっといろんな生き方をしている人たちと出会う機会を増やしていくことが、
大事なことではないでしょうか。


posted by オレンジプラザ at 20:23| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

プロボノ2016 in 三河   小林

豊橋市民センターを管理している愛知ネットでは、この度社会人の社会貢献の場として「プロボノ2016in三河」を行います。

プロボノチラシ.jpg

「プロボノ」、なかなか聞き慣れない言葉かもしれません。
「プロボノ」とは、簡単に言うとボランティア活動の1つです。
ボランティア活動において時間(単純労力)のみ提供するのではなく、
普段の仕事を通じて身につけた能力を社会貢献に活かす活動のことを指します。

プロボノ2016in三河では、プロボノ活動をしたい方とプロボノ人材と協力して活動したいという三河地域のNPO団体、及び市民活動団体のマッチングを行います。
共に活動する期間は3か月間。毎日活動するのではなく、今年の12月から来年の2月まで、隔週の土曜日に活動します。
※活動時間等は活動先の団体と調整します。

NPO団体はプロボノ人材と活動することで、団体の課題解決に一歩近づき、
プロボノの方々は、自身の能力を生かした社会貢献活動、また普段働く企業とは異なる視野を得ることが出来ます。

現在、このプロボノ活動への参加者を募集中です。
ただ、プロボノってまだよくわからない、という方も多いと思います。
以下の日程で説明会を行いますので、少しでも興味のある方はご参加ください。
そして、説明会の内容を聞いて、是非参加したい!と思った方は、3か月のプロボノ体験に是非ご参加ください。
ボランティア活動に参加したことがない方でも大丈夫です。あなたの能力で社会貢献をしてみませんか。


【プロボノ説明会】
日時:平成28年12月7日(水)19:00〜21:00
場所:刈谷市民ボランティア活動センター
講師:大須賀 恵子さん(中部プロボノセンター)
定員:20名
費用:無料

【プロボノ活動オリエンテーション】
日時:平成28年12月14日(水)19:00〜21:00
場所:刈谷市民ボランティア活動センター
講師:大須賀 恵子さん(中部プロボノセンター)
対象:3か月プロボノ体験の希望者

【3か月プロボノ体験】
日時:平成28年12月17日(土)〜2月まで隔週土曜日
場所:三河地域のNPO団体
posted by オレンジプラザ at 19:52| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする