2017年02月08日

花粉と果物  小林

ヤフーニュースにこんな記事が載っていました。

「口腔アレルギー症候群(OAS)」についてです。
口腔アレルギーとは、未調理の果物、生野菜、スパイス、ナッツ類によって引き起こされる食物アレルギーの一種です。

この記事によると、花粉症の人が果物を食べると約20%の人が口やのどのかゆみ、腫れなどを感じことがあるとのこと。花粉症の原因物質に似た物質が果物に含まれるため、体が間違えて反応してしまうそうです。

実は私も口腔アレルギーです。
私の場合も果物を食べると痒みが出たり、喉が腫れたりという程度なのですが、調子が悪いときに食べると、嘔吐や呼吸がしにくくなるため、かれこれ10年以上まともに果物を食べていません。(加熱すれば食べられるのでジャムなんかは平気です。)

最近は口腔アレルギーだけでなく、「アレルギー」というものがメジャーになりつつあるので周りから理解が進んでいる実感もある一方、「いやいや。好き嫌いじゃないの?」といったような意見もまだまだ少なくないようにも感じます。

みんなが同じものを食べている中、「すみません。アレルギーなんです、、」とはなかなか言いにくいものです。そして言ったら言ったで往々にして微妙な雰囲気になることもありますが、我慢して食べるよりよほど良いのではと思います。
周りの理解と申告する勇気が大切です。


下記のリンクは豊橋で活動されているRIN♪RIN♪アレルギーっ子の会さんのブログです。
活動の報告のほか、アレルギー物質不使用の商品の紹介などアレルギーを持っている方に有用な情報が得られると思います。興味のある方は見てみて下さい。
posted by オレンジプラザ at 19:09| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: